ロゴ
>オススメ情報>霊視とは何がみえるのか【霊視の基本知識】

霊視とは何がみえるのか【霊視の基本知識】

手

霊視とは守護霊とコンタクトすることで、対象となる人の前世の情報やこれから起こるであろう運命や試練に関する情報を入手することです。守護霊が発する情報を視覚や聴覚などによって感じ取ることができる人を、霊視ができる能力者と定義できます。それでは霊視が出来る人には、どんな特徴があるのか考えてみましょう。一般に霊視ができる方は人徳があり、守護霊に信頼されていることが外見からも伺えることがあります。例えば、他人の生き方を尊重し悪口や批判をしなかったり、穏やかで柔和な表情であったり、加えて日常から不平不満を口にせず常にプラス思考であるなどです。すなわち、人徳が高い人であること言えます。人格が崇高であるからこそ、守護霊に信頼され重要な情報を伝えてくれるのだと考えてください。

対象となる方の守護霊から得る情報から、どんなことが分かるでしょうか。霊視とは、対象者に大きく影響を与えた過去の出来事や、現在から未来に関する情報を知ることができます。また現在、起きている問題について要因を知り、問題解決の糸口が分かるのが特徴です。例えば、幼児期に親から暴力を受けていたり、大きな事故に遭遇していたりなど、問題を引き起こしている要因がわかります。また、対象者に関連する人間関係や、悩みの根源となっている現在の状況を知り、いくつかある未来の選択肢から起こり得る事象が分かるとされています。ただし、そもそも守護霊とは対象者を守るために存在するものですから、対象者の今後の成長の妨げになるような情報は知らされません。したがって必ずしも全ての情報が詳細に得られるとは限らないと心得ましょう。

男女